違反対象物公表制度

違反対象物公表制度が令和2年4月1日から施行されました

違反対象物公表制度とは

建物を利用する方が、建物の危険性に関する情報を入手して、建物利用の判断ができるように消防署が把握した重大な消防法令違反を公表する制度です。


公表の対象となる建物

不特定対数の方が利用する飲食店、百貨店、ホテルや自力で避難することが困難な方が利用する病院、社会福祉施設などの建物です。


公表の対象となる違反内容

消防法令により設置が義務付けられている消防設備のうち、次のいずれかが設置されていないものです。

  • 屋内消火栓設備
  • スプリンクラー設備
  • 自動火災報知設備

公表する場所と公表する内容

利根沼田広域消防本部のホームページ等で次の内容を公表します。

  • 建物の名称
  • 建物の所在地
  • 違反の内容
  • その他必要な事

違反対象物一覧表

   違反対象物一覧表 PDF

 

 

 

防火対象物の関係者の方へ

建物の増改築、用途変更により公表の対象となる防火対象物となる場合がありますので、建物の工事等を検討されている場合は事前に消防本部予防課に連絡してください。また、公表対象となる違反内容のある建物の所有者は、改善計画に基づき違反の改修をお願いします。

 

参考リンク:総務省消防庁  https://www.fdma.go.jp/relocation/publication/

 

お問い合わせ先
利根沼田広域消防本部予防課
0278-22-3137