■しばぎわの大イチイ
史跡・文化財
 「しばぎわのシナノキ」から西山手にイチイの大木がある。根回り4.5m、樹高11m、村の天然記念物である。イチイは建具、建築材としては高級品で神社のお札などに使用されるので材木の第一位というところからこの名がつけられたという。
 イチイには雌雄があり雌樹には赤い実がつく。

◆所在地:片品村花咲字栃久保
◆指定年月日:平成 2年 9月25日 群馬県指定天然記念物
◆大きさ:根元の周囲約4.5m 樹高15m
◆管理者:佐藤郁夫