○火気使用設備の基準及び指定数量未満の危険物等の取扱いの基準に関する告示
 
平成15年 6月18日 
消本告示 第 1号 
 
改正  平成17年12月 1日 消本告示第 3号 
 
 
消防法施行規則(昭和36年自治省令第6号)第4条の2の6第1項第9号の規定に基づき市町村長が定めるべき基準のうち、火気使用設備の基準及び指定数量未満の危険物等の取扱いの基準に係る点検項目を次のとおり定める。
 
 (その6)

点  検  項  目
 
点 検 結 果
状況及び措置内容
 

判 定

不 備 内 容





使



















 



使










 
    

設備の位置

 

□ 適




 




 

□ 否
 

        設備の管理

 

□ 適




 




 

□ 否
 


器具の取り扱い

 

□ 適




 




 

□ 否
 


使








        
喫煙等の制限


 

□ 適





 





 

□ 否

 


がん具用煙火の制限

 

□ 適




 




 

□ 否
 
 (その7)

点  検  項  目
 
点 検 結 果
状況及び措置内容
 

判 定

不 備 内 容





















 

貯蔵又は取り扱い数量
 
□ 適

 


 

□ 否

火気使用制限
 
□ 適

 


 

□ 否

漏れ・あふれ又は飛散の防止
□ 適

 


 

□ 否

容器
 
□ 適

 


 

□ 否

計器類に関する監視
 
□ 適

 


 

□ 否

タンク本体
 
□ 適

 


 

□ 否

配管

 
□ 適


 



 

□ 否
 
 (その8)

点  検  項  目
 
点 検 結 果
状況及び措置内容
 

判 定

不 備 内 容




























 

















 

火気使用制限
 
□ 適

 


 

□ 否

漏れ・あふれ又は飛散の防止
□ 適

 


 

□ 否

容器
 
□ 適

 


 

□ 否

計器類に関する監視
 
□ 適

 


 

□ 否

タンク本体
 
□ 適

 


 

□ 否

配管
 
□ 適

 


 

□ 否


綿







 

火気使用制限
 
□ 適

 


 

□ 否

集積単位
 
□ 適

 


 

□ 否
計器類に関する監視
(廃棄物固形化燃料等を貯蔵し、又は取り扱う場合)

□ 適




 




 

□ 否
 
備考 1 この用紙の大きさは、日本工業規格A4とする。
2 判定の欄は、適正の場合は「適」の□にレ点を記入し、不備の場合は「否」の□にレ点を記入するとともに、不備内容の欄にその内容を記入すること。
3 状況及び措置内容の欄には、点検時の点検項目の状況及び点検の際措置した内容を記入すること。
4 該当のない点検項目については、状況及び措置内容の欄に「該当なし」と記入すること。   
 
附 則
この告示は、平成15年10月1日から施行する。
附 則(平成17年12月1日 消本告示第3号)
この告示は、公布の日から施行する。