○消防用設備等を設置したとき消防機関の検査を受けなければならない防火対象物の指定に関する告示
 
 
昭和51年12月 1日 
消本告示第 2 号 
 
消防法施行令(昭和36年政令第37号)第35条第1項第2号の規定に基づき、消防用設備等を設置したとき消防機関の検査を受けなければならない防火対象物を次のように定める。
 
 
延べ面積が500平方メートル以上となる防火対象物で、次の用途に供されるものとする。
 
消防法施行令別表第1にかかげる区分
 

(5)
(7)

(8)
(9)
(10)
(11)
(12)

(13)

(14)
(15)

(16)


(17)
 

ロ 寄宿舎、下宿又は共同住宅
  小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、大学、専修学校、各種
  学校その他これらに類するもの
  図書館、博物館、美術館その他これらに類するもの
ロ 蒸気浴場、熱気浴場以外の公衆浴場
  車両の停車場又は船舶若しくは航空機の発着場
  神社、寺院、教会その他これらに類するもの
イ 工場又は作業場
ロ 映画スタジオ又はテレビスタジオ
イ 自動車車庫又は駐車場
ロ 飛行機又は回転翼航空機の格納庫
  倉庫
  消防法施行令別表第1の第(1)項から第(14)項に該当しない事業場
  
ロ 消防法施行令別表第1の第(1)項から第(4)項まで第(5)項イ、第(6)項及び第(9)項イの用途に供される部分のない複合用途防火対象物

  重要文化財、重要有形民俗文化財、史跡等の建造物