○利根沼田広域市町村圏振興整備組合消防吏員の貸与品に関する規則
 
昭和49年 4月 1日 
規 則 第 11 号 
 
改正 平成12年 8月 1日 規則第11号 
平成14年 2月 1日 規則第 2号 
 
(目的)
第1条 この規則は、利根沼田広域市町村圏振興整備組合消防吏員(以下「消防吏員」という。)に貸与する被服等(以下「貸与品」という。)について必要な事項を定めることを目的とする。
(貸与品の種類、品名、数量及び期間)
第2条 消防吏員に貸与される貸与品の種類、数量及びその貸与期間は、別表第1及び別表第2に定めるとおりとする。
(貸与品の保管)
第3条 貸与期間中の貸与品の修理は、本人の負担とする。
(貸与期間満了の貸与品の取扱い)
第4条 貸与期間の満了した貸与品は、消防長の指定したものを除き、本人に有償又は無償で払い下げることができる。
(貸与品の返納)
第5条 消防吏員が退職、死亡又は資格を失なったときは、貸与品を返納しなければならない。
(返納品の再貸与)
第6条 使用期間中の貸与品で、なお使用に耐える見込のあるものは、期限をつけて貸与することができる。
2 前項の貸与期間は、貸与品の残余期間とする。
(き損又は亡失の届出)
第7条 消防職員は、貸与期間中の貸与品をき損し、又は亡失したときは、直ちに所属長を経て消防長に届出なければならない。
(再貸与及び弁償)
第8条 消防長は、前条の届出があったときは、代品を貸与する。この場合、その理由が本人の故意又は怠慢によって生じたと認められる場合は、相当額を弁償させるものとする。
(貸与品台帳の作成)
第9条 消防長は、別記様式の貸与品台帳を備えて、整理しておかなければならない。
(委任)
第10条 この規則の施行について必要な事項は、消防長が別に定める。
附 則
(施行期日)
1 この規則は、昭和49年4月1日から施行する。
(経過規定)
2 この規則の施行の際、廃止前の沼田市消防職員貸与品に関する規則(以下「旧規則」という。)の規定に基づき、貸与を受けた貸与品のうち消防長が定めたものは、この規則によって貸与を受けた貸与品とみなし、旧規則の残余期間を当該貸与品の残余期間とする。
附 則(平成12年8月1日規則第11号)
1 この規則は、平成12年10月1日から施行する。
2 この規則施行の際、改正前の第2条の規定により貸与を受けた貸与品の残余期間は、改正後の第2条の当該貸与期間から控除した期間をもって残余期間とする。
附 則(平成14年2月1日規則第2号)
この規則は、平成14年4月1日から施行する。


様式関係