○利根沼田広域市町村圏振興整備組合個人情報保護条例
 
平成28年 2月25日 
条 例  第 4 号 
 
   利根沼田広域市町村圏振興整備組合個人情報保護条例(平成17年条例第8号)の全部を改正する。
(目的)
第1条 この条例は、高度通信情報社会の進展に伴い個人情報の利用が拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し必要な事項を定めるとともに、利根沼田広域市町村圏振興整備組合(以下「組合」という。)の実施機関が保有する個人情報の開示、訂正及び利用停止を求める権利その他の個人情報の保護に関し必要な事項を定めることにより、個人の権利利益の保護及び組合構成市町村民に信頼される公正で民主的な広域圏行政の推進を図ることを目的とする。
(準用規定)
第2条 組合の個人情報の管理等、開示及び訂正等については、沼田市個人情報保護条例(平成17年条例第53号)の規定の例による。この場合において、同条例中「市長」とあるのは「理事長」と、「本市」とあるのは「本組合」と、「市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び議会」とあるのは「理事長、消防長、公平委員会、監査委員及び組合議会」と「沼田市個人情報保護審査会」とあるのは「利根沼田広域市町村圏振興整備組合個人情報保護審査会」と読み替えるものとする。
附 則
(施行期日)
1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。ただし、附則第3項の規定は、公布の日から施行する。
(経過措置)
2 第3章の規定は、この条例の施行の日以後に実施機関の職員が作成し、又は取得した公文書に記録されている個人情報について適用する。
3 この条例(第1項ただし書に規定する規定を除く。)の施行の際現に行われている個人情報取扱事務については、第6条第2項の規定中「を新たに開始しようとするときは、あらかじめ」とあるのは、「で現に行われているものについては、この条例の施行の日以後、遅滞なく」と読み替えて、この規定を適用する。
附 則
 (施行期日)
1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。
 (経過措置)
2 この条例の施行の日前になされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。